トップ トランクルーム収納ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

トランクルーム収納ナビトランクルームを賢く使う > トランクルームを使うコツ

トランクルームを使うコツ

トランクルームを使うコツの画像

トランクルームに保管しておく荷物を、定期的に確認する機会があるという人も、しばらく入れたままになってしまうという人も、トランクルームに荷物を入れる前に気をつけておきたいポイントがあります。

まずは、どのような荷物を収めておく場合でも、できるかぎり空気が抜ける通り道を作りながら荷物を並べていくということです。荷物が密着している状態だと、結露などからカビが生えたりしてしまうことがありますので、少しずつ隙間を空けて並べていくことが大切なのです。そのためには、トランクルームに収めようと考えている荷物ギリギリのスペースを持つところを借りるのではなく、少し余裕を持った広さのスペースを検討することが良いかと思われます。

トランクルームに荷物を後から増やしていくうちにスペースに余裕がなくなったと感じたら、荷物の整理をする機会を作って、荷物が密集したままにならないように気をつけることが必要です。

トランクルームに衣類を収めておく場合、洗濯やクリーニング後のきれいな状態であるということはもちろんですが、洗濯した場合にはしっかりと乾燥させ、クリーニングから戻ってきた衣類の場合はクリーニングのビニール袋を外してから保管することになります。いずれも衣装ケースなどにきちんと収めて、衣類用の防虫剤や乾燥剤などを適量入れてからトランクルームに保管します。

シーズンオフの冷暖房用品は、残っている灯油などを取り除いたり、埃をきれいに拭き取ったりしてから、またキャンプ用品やマリンスポーツ・ウインタースポーツなどの用品は、砂や水気などが付いている場合が多いので、よくチェックしてきちんと手入れをした後、必ず乾燥させてからトランクルームに収めます。

トランクルームは基本的にさまざまな品物を保管しておくことができますが、デリケートな品物は長期間の保管には向いていないことがあります。衣類なら革製品、ほかには楽器類など、温度や湿度の変化によって劣化の心配があるものなどは、トランクルームに預ける前に、一度は業者側に相談することをお勧めします。



スポンサー広告

ネットショップ広告


トランクルーム収納ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 安心できるトランクルームの条件

大切な品物を安心して預け入れたいと考える場合、その目安としては、優良なトランクルームであるという認定マークが付いている業者を選ぶことです。認定マークが付いているトランクルームでは、倉庫業として登録がされていて、品物を保管しておくスペースや施設管理者を配置するなどといった一定条件を満たしていることによって、国土交通大臣からの認定を受けていますから安心です。 もちろん品物の保管場所は、空調設備などが整っていて、適温・適湿な状態で品物を置いておくことができ、耐火面でも安心できるこ

トランクルーム収納ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。