トップ トランクルーム収納ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

トランクルーム収納ナビトランクルームの利用を考える前に > トランクルームの種類

トランクルームの種類

トランクルームの種類の画像

トランクルームと呼ぶことができる収納サービスでは、倉庫業という法律に基づいて国土交通大臣の登録を受けた倉庫事業者のみが管理することができるものとなります。国土交通大臣からの登録を受けるのですから、品物を収納するための施設、管理体制などが適切ではないと認定されないということになります。

登録されている施設が品物を収納するスペースとなっていて安心できることはもちろん、品物を出し入れするときには、倉庫業の業者が行ったり、業者が付き添いであることということを条件に利用者が行ったりすることとなります。適温・適湿な条件で品物を保管することができ、セキュリティを万全に整えているうえ、万が一のときのために保険にも加入しています。

管理者が常駐しているか、警備会社などによる警備体制が整っていることがほとんどであり、預け入れることができる品物や、出し入れ時間などに制限があることがありますが、安全という面では最良だということができます。不動産会社などの賃貸業者によって運営されていることが多いのは、レンタルスペースやコンテナ倉庫などと呼ばれている収納サービスです。

品物を保管するスペースとなるのは、屋内なら専用のマンションなどの建物、屋外ならコンテナなどとなることが多く、トランクルームと比べると警備体制は緩くなるものの、利用者にとっての制限が多くないところが特徴です。品物の出し入れには、特に時間制限等は設けられておらず、業者の立ち会いなどもないことがほとんどであり、ライフスタイルに合わせて自由な時間や使用方法をすることができます。

警備については、トランクルームと比べると厳重なものではない場合が多いのですが、不動産会社による見回りなどが定期的に行われているようです。レンタルスペースやコンテナ倉庫などのスペースは、不動産会社による管理であるところから、一般的な賃貸物件に入居する場合と考え方は同じで、契約したスペースを自由に使うことができるといえそうです。



スポンサー広告

ネットショップ広告


トランクルーム収納ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ トランクルームを災害用の備えとして

トランクルームの利用方法として、自宅やオフィスなどのスペースを確保するためだけではなく、万が一の事態に備えた荷物の保管場所として考える人もいるそうです。 たとえば、災害時に身体一つで避難し、避難道具一式はトランクルームの中に準備しておくという使い方もできます。この場合、避難する際は、トランクルームの鍵だけで大丈夫だということになりますが、そのトランクルームが自宅から離れた場所にあると、避難場所からトランクルームまで避難道具を取り出しに行けないということもありますので、自宅か

トランクルーム収納ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。